ボルボ・V60 T6 AWD R-DESIGN《撮影 内田俊一》

ボルボ『60シリーズR-DESIGN』の2014年モデルが発表された。2014年モデルでフェイスリフトを行った標準モデルを踏襲した変更であるが、R-DESIGNらしさはフロントの周りに現れているという。

ボルボ・カー・ジャパンマーケティング部プロダクトグループプロダクトスペシャリストの岡田勝也さんによると、フロントグリルは標準モデルがフレームレスのグリルで、横バーにクロームが強調されたものだが、R-DESIGNの場合はテックマットブラックというガンメタのような素材がベースとなり、横バーの部分が、グロスブラック仕上げとなる。

また、ロアインテークの部分はハニカムのメッシュ形状で、ライト下のインテーク部分のディテールは、エアインテークのような切込みが入るなど細かなデザインが施されている。リアのディフューザーのデザインも一新。スポーツテールパイプのデザインも内側の部分に拳銃のライフリングのような溝が入る。

岡田さんは、「R-DESIGNを購入するユーザーは、こういった細かなディテールへのこだわりは、所有する喜びにつながることから、とても重視する」と語った。

ボルボ・S60 T4 R-DESIGN《撮影 内田俊一》 ボルボ・S60 T4 R-DESIGN《撮影 内田俊一》 ボルボ・S60 T4 R-DESIGN《撮影 内田俊一》 ボルボ・V60 T6 AWD R-DESIGN《撮影 内田俊一》 ボルボ・V60 T6 AWD R-DESIGN《撮影 内田俊一》 ボルボ・V60 T6 AWD R-DESIGN《撮影 内田俊一》 ボルボ・S60 T4 R-DESIGN《撮影 内田俊一》 ボルボ・S60 T4 R-DESIGN《撮影 内田俊一》 ボルボ・S60 T4 R-DESIGN《撮影 内田俊一》 ボルボ・V60 T6 AWD R-DESIGN《撮影 内田俊一》 ボルボ・V60 T6 AWD R-DESIGN《撮影 内田俊一》