GMのダン・アカーソン会長兼CEOとPSAのフィリップ・ヴァラン会長(参考画像)

2012年2月末、資本提携を含めた包括的な提携を結んだ米国のGMと、フランスのPSAプジョー シトロエン。両社の車台共有プロジェクトが、一部見直される可能性が出てきた。

これは10月23日、PSA プジョーシトロエンが2013年第3四半期(7-9月)決算の発表と同時に明らかにしたもの。GMとの間の車台共有プロジェクトに関して、「Bセグメントのプロジェクトは検討中」と、一歩後退の声明を発表している。

GMとPSAは2012年12月、提携の効果を生かした3種類の車台共有プロジェクトを公表。このうち、Bセグメントに関しては、新型MPVの共同開発と、オペルとPSAが次世代コンパクトカーを共同開発すると決定していた。

今回、PSAはGMとのBセグメントの共同プロジェクトについて、「決定」から「検討中」にトーンダウン。さらに、PSAは「GMとの共同プロジェクトで、中期的に10億ドルのコスト削減効果を見込んでいたが、これを下方修正する場合があり得る」と説明。共同プロジェクト見直しの可能性に言及している。