メルセデス・ベンツC250クーペSPORT撮影 島崎七生人

AMGの美学と力学を装備…カタログのそんなフレーズにも納得させられた。雰囲気重視のCのクーペなのだろうと思いきや、気骨ある走りに意表を突かれた思いだ。

それまでのC250クーペが「SPORT(シュポルト)」として新設定されたのは今年8月の小改良時のこと。AMG社専用チューンのサスペンション、大径専用ブレーキほか、18インチホイールなどが与えられ、足回りが強化されている。搭載エンジンは1.8リットルの4気筒ターボで、204ps/31.6kg-mの性能。7速AT(E、S、Mモード付き)が組み合わせられる。

市街地を流す限りでは、締め上げられた足を実感する。けれど一旦、郊外のワインディング路などを走ると“本籍”がそこだということがわかる。安定しきった足回りは、いかにも高密度な感触でストロークしながら路面を捉えるタイヤを支持。そのポテンシャルの高さは、回すほどにパワーが高まるエンジンとの釣り合いも完璧で、AMG独特の音質の排気音を垣間“聴かせ”ながら、ドライバーを走らせることに熱中させてくれる。

4座の後席は頭上は最小限だが、前席同様のサポート性の高さのシートは快適な着座感。トランクは確かセダンより大きかったはずだが、トランクスルーにもでき実用性が高い。基本的にひと世代前のモードを纏うスタイリングも、たとえ今から乗るにしても「むしろプレーンで悪くない」と思うユーザーが少なくないのではないだろうか。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★★

島崎七生人|AJAJ会員/モータージャーナリスト
1958年・東京生まれ。大学卒業後、編集制作会社に9年余勤務。雑誌・単行本の編集/執筆/撮影を経験後、1991年よりフリーランスとして活動を開始。以来自動車専門誌ほか、ウェブなどで執筆活動を展開、現在に至る。 便宜上ジャーナリストを名乗るも、一般ユーザーの視点でクルマと接し、レポートするスタンスをとっている。

メルセデス・ベンツC250クーペSPORT撮影 島崎七生人 メルセデス・ベンツC250クーペSPORT撮影 島崎七生人 メルセデス・ベンツC250クーペSPORT撮影 島崎七生人 メルセデス・ベンツC250クーペSPORT撮影 島崎七生人 メルセデス・ベンツC250クーペSPORT撮影 島崎七生人 メルセデス・ベンツC250クーペSPORT撮影 島崎七生人 メルセデス・ベンツC250クーペSPORT撮影 島崎七生人 メルセデス・ベンツC250クーペSPORT撮影 島崎七生人