スマートシティウイーク2013の会場風景《撮影 山田清志》

環境配慮型都市の国際会議「スマートシティウイーク2013」の展示会が10月23日、横浜市のパシフィコ横浜で開幕した。今回のテーマは「シティ・イノベーション」で、そのためのプログラムや商品が展示された。

スマートシティは現在、自治体や企業が積極的に取り組んでいて、実証実験から社会実装へと移行しつつある。世界を見渡しても、600を超えるプロジェクトが進行している。そこで重要なのはこれまでの常識にとらわれない大きな意識改革、「シティ・イノベーション」だという。

今回の展示会で特に人気となったのが、日産自動車が行った超小型EVの試乗会だ。1周80メートルのコースを3周できることもあって、来場者の関心を集め、次から次へと試乗を予約するひとが訪れ、午後1時頃にはその日の試乗枠がほぼ一杯になるほど。同社関係者は「試乗したい人はなるべく午前中予約を行ってほしい」と話していた。

また、スマートハウスに来場者の関心は高く、セキスイハウスのブースには多くの人が説明を受けていた。「現在、当社では年間1万6000棟の住宅をつくっていますが、うち8割が太陽光発電を、4割が燃料電池を導入しています。東日本大震災以降、スマートハウスへのニーズが非常に高まっています」と同社関係者は話す。

スマートシティ市場は2030年までの累計額で1000兆円にも達するとの試算もあり、今後ますます注目を浴びるのは間違いないだろう。同展は25日まで開催され、3万人の来場者を見込んでいる。

スマートシティウイーク2013の会場風景《撮影 山田清志》 スマートシティウイーク2013の会場風景《撮影 山田清志》 スマートシティウイーク2013の会場風景《撮影 山田清志》