新型 エクストレイル

日産自動車は10月24日、全面改良した新型『エクストレイル』を12月から販売を開始すると発表した。これを機に同社の国内でのミッドサイズSUVはエクストレイルに一本化。すでに国内向け『デュアリス』の生産は終わっており、在庫が無くなり次第販売も終了する。

日本市場向けSUVの商品企画を担当する富岡保リージョナルプロダクトマネージャーは「基本的に今までのエクストレイルのポジショニングは変えないが、今台頭しているクロスオーバー勢のニーズを全部、新型に取り込んで最強のSUVにするという中でデュアリスの持っている要素も当然新型に生かされている。また新しいシャシー技術、制御も全車に採用しているので走りに関するところは、現在のデュアリスを志向するお客さんのニーズも合致していると思っている」と一本化の背景を語る。

また「日本以外の市場は『キャシュカイ(日本名デュアリス)』よりエクストレイルの方が販売価格が高い位置にある。日本だけがだいたい同じ価格帯でラインアップしてきた。そういった面からも、他の市場は振り分けが可能だったが、我々は国内の限られた需要の中でラインアップは効率的にやりたいということもあって、ここはひとつに絞った」とも。

デュアリスのユーザーニーズを満たすという走りに関しては「悪路を走行している時に車体に入ってくる上下のG入力をセンサーが感知して、でこぼこが小さい時はエンジン制御で、大きな入力になるとブレーキまで介入してできるだけ車体の振動を抑えるアクティブライドコントロールを採用。コーナリングの際にドライバーがアクセルやブレーキを踏みかえる操作をできるだけ減らすために、エンジンブレーキを働かせてスムーズに曲がれるアクティブエンジンブレーキも採用、いずれも世界初の技術」と説明した。

新型 エクストレイル 日産 デュアリス 新型 エクストレイル 日産自動車 富岡保リージョナルプロダクトマネージャー《撮影 小松哲也》 新型エクストレイル アクティブライドコントロール《撮影 小松哲也》 新型エクストレイル アクティブエンジンブレーキ《撮影 小松哲也》 日産 新型 エクストレイル 日産 新型 エクストレイル 新型 エクストレイル 新型 エクストレイル 新型 エクストレイル 新型 エクストレイル 新型 エクストレイル 日産 新型 エクストレイル 日産 エクストレイル 日産 エクストレイル 日産 エクストレイル 日産 エクストレイル 日産 エクストレイル 日産デュアリス アーバンブラックレザーII デュアリス デュアリス