WRCラリースペインが10月24日に開幕する。

ラリースペインの歴史においてはシトロエンとセバスチャン・ローブが2005年より圧倒的な支配力を見せつけていたが、ローブがWRCよりリタイアした後に彼の場所を取りたい競争者の数は少なくない。

リストのトップに挙げられるべきはフォルクスワーゲンのセバスチャン・オジエで、ローブを別にして、彼は今シーズン、グラベルとアスファルトのラリーで勝利した唯一のドライバーであり、このラリーのユニークな混合路面のフォーマットに動揺することはなさそうだ。

オジエに最も近い競争者として挙げられるべきは、地元ヒーローのダニ・ソルドである。ドイツで彼にとって最初のWRCでの勝利を手にした後、ソルドはラリーフランスで2位となり、ラリースペインにこの勢いを持ち込む気構えを持っている。ソルドはラリースペインで5度の表彰台フィニッシュをしており、スペイン人のファン達からの声援も彼をより活気づかせることだろう。

オジエとソルドの後に列挙されるべきは、ティエリー・ヌービルとヤリ‐マティ・ラトバラ、ミッコ・ヒルボネンの3人で、ヌービルは今シーズン、アスファルトとグラベルの両方での速さを証明し、ラトバラはオジエのタイトル取得によって、純粋にラリーに勝つためのレースができる。そしてヒルボネンは2011年の同ラリーで2位となると共に、これまで4度の表彰台に立っており、彼はこのイベントを熟知している。