トヨタ博物館(愛知県長久手市)は、自動車文化の継承・発展とクルマファンの交流を目的に、「トヨタ博物館クラシックカーフェスタ in 神宮外苑」を11月30日に、東京・明治神宮外苑(東京都新宿区)で開催する。

同フェスタは、明治神宮外苑聖徳記念絵画館の前をメイン会場とし、個人所有の日米欧のクラシックカー約100台による銀座中央通を通過するパレード・展示をはじめ、トヨタ博物館所蔵のクラシックカー展示・走行披露など、多彩なイベントを開催する。

今回は、「50年前のモーターショーとその頃のクルマたち」をテーマに、当時出展された車両をはじめ、9台の企画展示・走行披露を行い、時代とともに国際化していった模様を紹介する。

また、今回初めての試みで、他の国産車メーカーの協力を得ての特別出展とトークショーも開催。日産からは1960年の『スカイライン スポーツ』が、日野からは1962年の『コンテッサ900スプリント』が出展される。記念乗車撮影では、BMW『イセッタ』、フォード『サンダーバード』に座って撮影することもできる。