タン・サン小学校の駐輪場の完成を祝う地元関係者と課長会のメンバー

トヨタ紡織課長会は、新興国での社会貢献活動の一環として、今年度はベトナム東北部のタン・サン小学校の駐輪場を建設した。同小学校への支援は、2007年度に校舎を建設して以来2回目となる。

トヨタ紡織課長会は、トヨタ紡織に在籍するG3(旧基幹職3級:課長相当職)の自主活動組織で、会員数583人。障がい者との交流や新興国の小学校建設に協力するなど、グローバルに社会貢献活動を展開している。

新興国では、気候変動の影響や、地域の財政難により、校舎が老朽化するなど教育環境が整備されていない地域も多くある。そのような地域の子どもたちの学ぶ意欲向上に役立ちたいと、トヨタ紡織課長会は、2006年度より国際NGOプラン・ジャパンと連携し、これまでインドネシア、フィリピンなど、トヨタ紡織グループの現地事業体がある地域で、校舎建設などの教育環境整備を行ってきた。

10月18日、タン・サン小学校で、駐輪場の完成を祝うセレモニーが行われ、トヨタ紡織課長会代表の赤川直也氏は「2007年度に建てた校舎を大切に使ってもらい、うれしく思う。新しく完成した駐輪場も大切にして、楽しい学校生活を送ってほしい」と述べた。