改善箇所

日野自動車は10月22日、『プロフィア』のエンジンに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、日野 プロフィアで、2011年9月28日〜2013年6月12日に製造された3755台。

大型トラックにおいて、エンジン制御プログラムと排気ガス再循環(EGR)パイプの構造が不適切なため、停車中のDPR(排出ガス浄化装置)の自動再生と手動再生が頻繁に中断された場合に、EGRクーラ内でカーボンデポジットが生成されて吸気バルブに付着し、外気温が低い状態で長時間駐車されるとカーボンデポジットの粘度が増加することがある。そのため、エンジン始動した際、吸気バルブが摺動不良となり、最悪の場合、バルブが折損し、異音が発生するとともにエンジンが停止するおそれがある。

全車両、エンジン制御プログラムを書き換えるとともに、EGRパイプを対策品に交換する。

不具合発生件数は52件で、市場からの情報により発見した。

事故は起きていない。

改善箇所