「ハリウッド・ホット・ロッズ」が手がけるフォード マスタング のカスタマイズカー

米国の自動車大手、フォードモーターは11月、米国ラスベガスで開催されるSEMAショー13において、フォード『マスタング』のカスタマイズカー2台を初公開する。

1台は、「ハリウッド・ホット・ロッズ」がカスタマイズを担当。そのハイライトは、ハンドメイドによるハードトップ。往年のマスタングを思わせるルーフラインを実現した。

また、これに合わせて、車体後部も専用設計。フロントグリルやリップスポイラーも、ハンドメイドのアルミ製。フォードモーターによると、スーパーカーのスタイルを追求したという。

もう1台は、東洋ゴム工業のニットータイヤがカスタマイズ。ボディカラーは眩しいレッドで塗装し、専用のボディキットで迫力アップ。5.0リットルV型8気筒ガソリンエンジンは、フォードレーシング製の「コブラ」と呼ばれるインテークマニホールドを追加。パワーアップが図られている。

SEMAショーは毎年秋、米国ラスベガスで開催されるチューニングカー&カスタマイズカーの一大イベント。日本のオートサロンとドイツのエッセンショーと並んで、世界三大チューニングカーショーと呼ばれる。

ニットータイヤが手がけるフォード マスタング のカスタマイズカー