トム・サイクス(カワサキ)

スーパーバイク世界選手権第14戦(最終戦)が、10月18日から20日、スペインのヘレス・サーキットで開催され、トム・サイクス(カワサキ)は第1レースを3位でフィニッシュ、年間チャンピオンを獲得した。

昨年は、わずか0.5ポイント差でタイトルを逃したサイクスは、前戦フランス大会を終えて、総合2位のユージン・ラバティ(アプリリア)に37点差、総合3位のシルヴァン・ギュントーリ(アプリリア)に38点差をつけた。最終戦を迎え、タイトル獲得の可能性はこの3人に絞られたが、総合首位のサイクスが第1レースで3位以上になれば自力でタイトル獲得、というシチュエーションだった。

ポールポジションを獲得したのはラバティ。そして、ギュントーリはサイクスの真後ろにあたる2列目5番手からのスタート。第1レースは、ラバティとギュントーリ、そしてマルコ・メランドリ(BMW)の3選手とともにトップグループを形成する。その中でサイクスは、チャンピオン争いをするライバルのポジションを気にせず、自力でタイトルを獲得できる3位以内を目標に走行。21周を見事3位でフィニッシュし、念願のタイトルを獲得。Kawasaki Racing Teamにとっては、1993年のスコット・ラッセル以来、2度目のタイトル獲得となった。

■レース1
1位:ユージーン・ラバティ(アプリリア)
2位:マルコ・メランドリ(BMW)
3位:トム・サイクス(カワサキ)
4位:シルバン・ギュントーリ(アプリリア)
5位:トニ・エリアス(アプリリア)
6位:ダビデ・ジュリアーノ(アプリリア)

■レース2
1位:ユージーン・ラバティ(アプリリア)
2位:トム・サイクス(カワサキ)
3位:シルバン・ギュントーリ(アプリリア)
4位:トニ・エリアス(アプリリア)
5位:チャズ・デービス(BMW)
6位:レオン・キャミア(スズキ)

■ポイントスタンディング
1位:トム・サイクス(カワサキ)447P
2位:ユージーン・ラバティ(アプリリア)424P
3位:シルバン・ギュントーリ(アプリリア)402P
4位:マルコ・メランドリ(BMW)359P
5位:チャズ・デイビス(BMW)290P
6位:ダビデ・ジュリアーノ(アプリリア)211P

トム・サイクス(カワサキ) トム・サイクス(カワサキ)