フェラーリの香港進出30周年記念イベント

イタリアのスーパーカーメーカー、フェラーリは10月19日、香港進出30周年を迎えたと発表した。

フェラーリはこれを記念して、香港で祝賀イベントを開催。イタリアから、ルカ・ディ・モンテゼーモロ会長が駆け付けたほか、およそ600台のフェラーリと、約2000名の招待客が参加するという盛大な規模。

会場では、フェラーリが2013年9月、フランクフルトモーターショー13で初公開したばかりの『458スペチアーレ』を、フェラーリのテストドライバー、マルク・ジェネ氏が披露。『365GTC』や『ディーノ』など、フェラーリの名車や、『599XX』などのレーシングカーも華を添えた。

フェラーリによると、中国のフェラーリの顧客の平均年齢は35歳。若い顧客が多いため、「テーラーメイド」と呼ばれるカスタマイズプログラムが好評だという。なお、香港に在住するフェラーリの顧客は約1700名。

フェラーリのルカ・ディ・モンテゼーモロ会長は、「香港進出30周年は喜ばしい限り。多くのオーナーが我々の情熱を共有している。中国での成長は今後も続くだろう」とコメントしている。

フェラーリの香港進出30周年記念イベント フェラーリの香港進出30周年記念イベント