トヨタ・カムリ

トヨタ自動車の米国法人、米国トヨタ販売は10月17日、『カムリ』、『アバロン』、『ヴェンザ』の合計約80万3000台を、リコール(回収・無償修理)すると発表した。

ヴェンザは、主に北米で販売されているトヨタブランドのクロスオーバー車。アバロンは、同じく北米におけるトヨタブランドの最上級セダン。今回のカムリ、アバロン、ヴェンザのリコールは、エアコンの不具合によるもの。

米国トヨタ販売によると、これら3車種のエアコンのコンデンサーユニットのカバーに製造上の不具合があり、エアコンから漏れた水によって、エアバッグコントロールモジュールの回路がショート。エアバッグ警告灯が点灯し、エアバッグが正常に作動しない恐れがあるという。

リコールの対象となるのは、カムリ(ハイブリッドを含む)、アバロン(ハイブリッドを含む)、ヴェンザの2012-2013年モデル。米国で販売された合計でおよそ80万3000台が該当する。

米国トヨタ販売は、対象車を所有する顧客に連絡。準備が出来次第、速やかに販売店でリコール作業を行うとしている。

トヨタ アバロン トヨタ・ヴェンザ