タブレットで車両からの情報を表示した画面《撮影 会田肇》

富士通テンは「ITS世界会議2013」の富士通ブースにおいて、スマートフォンなどのデバイスを使って、自由に視点を変えながら車両周辺の映像を確認できる「リモート全周囲モニター」を参考出品。離れた場所から車両周辺が確認できるセキュリティシステムとして役立てる。

車両周辺をカーナビ上で確認できるマルチアングルカメラ機能が登場して久しいが、その機能を活用してセキュリティ上の利用も可能にしたのがこのシステムのポイント。新たな画像合成技術を使って、車両周囲の様子を、視点を変えて見ることができる。コントロールはスマートフォンやタブレットなどの携帯端末を想定し、その画面上で見たい角度へと自在に動かせるのだ。指の動きに対してスムーズい動くのが特徴で、フロントやバック、左右の各ビューへワンタッチで視点を切り替える使いやすさも備える。

車両側にセットされたカメラは前後と左右のドアミラーに備えられた既存のシステムを利用する。利用シーンとして想定されるのは、セキュリティ状態にある車両に何らかの異常を検知すると、サーバーを介してその異常を知らせるメールがあらかじめて指定されたスマートフォン等に届く。メールを受信したユーザーは、アプリを立ち上げ、車両周辺をカメラ映像でチェックするといった流れだ。画像の合成は携帯端末側で行うため、リアルタイムでの監視が可能。描画のスムーズさは端末の処理能力にも左右されるわけだが、デュアルコアレベルのスマートフォンでもスムーズな合成はできるという。

指で操作すると、その動きのスムーズに呼応するのにビックリ!《撮影 会田肇》 車両に異常を検知したときはサーバー経由でメールが送信される《撮影 会田肇》 デモカーとして出展したアルファード。フロントグリルにカメラが一台《撮影 会田肇》 左右のドアミラーにカメラが装着《撮影 会田肇》 リア側のカメラ《撮影 会田肇》 「リモート全周囲モニター」《撮影 会田肇》