WEC 第6戦 強まる雨に赤旗中断《撮影 益田和久》

10時56分、セーフティーカー・スタートが切られる。マシンがグリッドを離れるや6時間のタイム・カウンターは動き出し、静かにレースが始まった。

トヨタ8号車は各車が1周を走り終えたところでピットスタート。早くも1周遅れの27位からの苦しい戦いとなる。アストンマーチン99号車とシボレー・コルベット50号車も同じく1周遅れでのピットスタートとなったが、50号車は再度スピンに見舞われる。

雨量は多く、セーフティーカーが離れる兆しは見られないまま、その後10分が経過した。

スターティング・ラインナップのままアウディ1号車、トヨタ8号車、アウディ2号車という順でセーフティーカーに連なって走る。スタート・ドライバーはそれぞれロッテラー、中嶋、デュバルという富士に慣れた3人に託されている。

ヘビー・ウェットの危険なコンディションのため、セーフティーカー・ランが続いたが、レース開始からわずか18分、レッド・フラッグが出された。

天候回復の目処が立たず8周を終了したところで全車はメインストレートで停車した。

各ドライバーはマシンを降りて天候回復を待つことになったが、雨脚は更に激しさを増している。レース開始からすでに70分経過した時点でも再スタートが切られる見込みはないが、レースの時計は刻まれている。

セーフティカーによるスタートが切られるも20分足らずで赤旗中断《撮影 益田和久》 WEC 第6戦 強まる雨に赤旗中断《撮影 吉田瑶子》 WEC 第6戦 強まる雨に赤旗中断《撮影 吉田瑶子》 WEC 第6戦 強まる雨に赤旗中断《撮影 吉田瑶子》 WEC 第6戦 強まる雨に赤旗中断《撮影 吉田瑶子》 WEC 第6戦 強まる雨に赤旗中断《撮影 吉田瑶子》 WEC 第6戦 強まる雨に赤旗中断《撮影 吉田瑶子》 WEC 第6戦 強まる雨に赤旗中断《撮影 益田和久》 WEC 第6戦 強まる雨に赤旗中断《撮影 益田和久》 WEC 第6戦 強まる雨に赤旗中断《撮影 益田和久》 WEC 第6戦 強まる雨に赤旗中断《撮影 益田和久》 WEC 第6戦 強まる雨に赤旗中断《撮影 益田和久》 WEC 第6戦 強まる雨に赤旗中断《撮影 益田和久》