ジェイテクトは、子会社のコーヨー・オースラリア(KA)がアフターマーケット向けベアリングの取引で、オーストラリア競争・消費者法に違反していたとして、連邦裁判所から200万オーストラリアドル(約1億8800万円)の制裁金支払いを命じられたと発表した。

ジェイテクトとKAはオーストラリア競争・消費者委員会と和解契約を締結し、KAは同裁判所に承認された制裁金支配いに合意した。

ジェイテクトでは、今後とも、再発防止に向けたコンプライアンス徹底の取組みを継続し、信頼回復に向け一層努力していくとしている。