ジャパンカップ13、オープンレース《撮影 土屋篤司》

10月18日から栃木県宇都宮市で開催されているジャパンカップサイクルロードレース。

宇都宮森林公園にて19日は、一般参加のオープニングフリーラン、JCF(日本自転車競技連盟)登録選手によるチャレンジレース、JCF登録選手ならびにUCI(国際自転車競技連合)登録選手によるオープンレースが行なわれ、20日は、プロチームを中心として本戦にあたるジャパンカップサイクルロードレースが行なわれる。

また19日、宇都宮大通りでは、15時過ぎからジャパンカップクリテリウムが開催される。距離は一周1.55km×23周の35.65km。参加は18チーム90名。

20日、ジャパンカップのコースとなる宇都宮森林公園は、JR宇都宮駅から北西へクルマで30分ほどのところに位置する。自然豊かな地域で、山々に囲まれている。

コースは一周14.1km。山々の起伏が利用されている。コースの最高地点と最低地点の標高差は約200m。20日に行なわれるプロチームによるレースでは、このコースを10周+最終周の短縮10.3kmを一周する合計151.3kmで競われる。参加チームは17チーム85名となっている。

宇都宮ブリッツェン監督の栗村修氏はコースについて「上りの距離が長くない。ピュアクライマー向きではなく、スプリント力も求められる」としている。

ジャパンカップ13、オープンレース《撮影 土屋篤司》 ジャパンカップ13、オープンレース《撮影 土屋篤司》 ジャパンカップ13、オープンレース《撮影 土屋篤司》 ジャパンカップ13、オープンレース《撮影 土屋篤司》 ジャパンカップ13、オープンレース《撮影 土屋篤司》 ジャパンカップ13、オープンレース《撮影 土屋篤司》 ジャパンカップ13、オープンレース《撮影 土屋篤司》 ジャパンカップ13、オープンレース《撮影 土屋篤司》 ジャパンカップ13、オープンレース《撮影 土屋篤司》