公演の様子

FIA(国際自動車連盟)のジャン・トッド会長は10月15日、JAF(日本自動車連盟)が行っている「JAF交通安全ドレミぐるーぷ」の活動を参観した。

JAF交通安全ドレミぐるーぷは、JAFの各支部において会員のボランティアが中心となって2007年4月に始まった活動で、幼稚園児・保育園児や保護者を対象に、音楽演奏などを通じて楽しく交通ルールを学んでもらうもの。

来日中のトッド会長は、東京都内の児童館を訪れ、JAF東京支部のドレミぐるーぷメンバー7人が保育園児・保護者ら106人を前に、音楽と折り紙や演劇を交えながら交通ルールをやさしく教える様子を見学した。

公演後、トッド会長は「交通安全教育は子どもの頃からすることが大切だと改めて思った。FIAのさまざまなイベントや活動にもこのやり方を参考にしたい。保護者には、この場で学んだことを他の人にも伝えてほしい」と感想を述べた。

JAF|FIA会長が「JAF交通安全ドレミぐるーぷ」活動を参観