トヨタ FCHV-adv(参考画像)《撮影 土屋篤司》

トヨタ自動車は、横浜市が実施する「横浜・低炭素交通プロモーション」に参加し、10月26日・27日の2日間にわたり、横浜みなとみらい地区において、「トヨタみらいじどうしゃフェスティバル」を開催する。

同フェスティバルでは、トヨタのエコカーへの取り組みを、試乗体験などを通して幅広く紹介する。特に2015年に市場導入を計画している燃料電池自動車(FCV)については、一般顧客の認知向上を図るため、『FCHV-adv』の試乗体験や開発者によるトークショーなどに加え、岩谷産業の協力のもと、移動式水素ステーションの展示や水素サイエンス教室の開催など、FCVの燃料である水素についても紹介する。

また、神奈川県内のトヨタ販売店が、ハイブリッド車の展示、エコドライブ体験を通じた燃費向上と安全運転のアドバイス、トヨタ車体『コムス』の試乗などを実施する。

トヨタ車体・コムス(参考画像)《撮影 小松哲也》