パテント・リザルトは、独自に分類した「鉄鋼・非鉄金属・金属製品」業界の企業を対象にした特許資産規模ランキングを発表した。

鉄鋼・非鉄金属・金属製品各社が、2012年4月1日から2013年3月末までの1年間に登録した特許資産を質と量の両面から総合評価して、企業ごとに総合得点を集計した。

結果によると1位は前年に続いて新日鉄住金となった。注目度の高い特許は「3次元形状の金型の表面を、深く、均一に加工するための技術」や、「めっきの耐食性と、露出した地鉄の保護作用とを連続製造プロセスで両立するめっき鋼板」に関する技術など。

前年から1ランクアップして2位となった住友電気工業は「機械的特性と耐食性とを兼ね備えたマグネシウム合金部材」や、「被膜から酸化アルミニウムの結晶粒が容易に脱落することを防止することにより、優れた耐摩耗性を有する酸化アルミニウム被膜を備えた表面被覆切削工具」に関する技術など、注目度の高い特許を持つ。

3位はJFEスチールで1ランクダウンした。注目度の高い特許は「脱硫処理時に発生した集塵ダストを溶銑の脱硫剤として再利用した脱硫処理方法」や、「水底の凹部における水の停滞に起因する青潮の発生や棲息生物の減少を抑制するのに有効な環境改善方法」など。

4位の古河電気工業、5位の神戸製鋼所は前年と同じ順位。6位のフジクラは1ランクアップ、7位の日立金属は2ランクアップした。8位は三菱マテリアル、9位がJX日鉱日石金属、10位が東洋製缶グループホールディングスだった。