14日午後4時30分ごろ、北海道札幌市中央区内の市道を走行していたタクシーが路外に逸脱。ガードレールを突き破って約50m下まで転落する事故が起きた。この事故でタクシーの乗客乗員4人のうち、3人が負傷している。

北海道警・札幌西署によると、現場は札幌市中央区円山西町5丁目付近で、車線区別のない幅員約4mの急なカーブ。タクシーは右カーブを曲がりきれずに路外に逸脱。ガードレールを突き破り、約50m下まで転落した。

事故の目撃者が警察に通報。地元消防が救出活動を行ったが、運転していた59歳の男性と、客として後部座席に同乗していた33歳の女性と3歳の女児が打撲などの軽傷。女児の母親にあたる32歳の女性にケガはなかった。

クルマは約30-40度の斜面を滑落する状態で転落したが、樹木に衝突を繰り返したことで衝撃を吸収。落下速度も和らげたとみられている。

警察ではタクシーの運転者から自動車運転過失傷害容疑で事情を聞いているが、「ブレーキが効かなくなった」などと供述しており、引き上げた車両の検証を含め、事故発生の経緯を詳しく調べている。