ベントレー・コンチネンタルGT V8コンバーチブル《撮影 内田俊一》

ベントレー『コンチネンタルGT』には、V型12気筒とV8気筒の2種類のエンジンバリエーションがある。

エンジン別の日本での販売について、ベントレーモータースジャパンPR/マーケティングマネージャーの横倉典さんは、ほぼ半々だという。「8気筒が半分、12気筒のスピード3.5、残りの1.5が標準の12気筒(以下GT)」だと話す。

この傾向について、「8気筒とスピードの個性が強く、GTは影が薄い存在になりがち」と分析。GTは575馬力のエレガントなグランドツアラー。スピードはスーパースポーツのパフォーマンス(625馬力)を持つグランドツアラー。8気筒はもっと走りを楽しむためのスポーツカーという特徴づけをしている。横倉さんは「豪華か、ハイスペックか、楽しいかとなり、両極(ハイスペックか楽しいか)に分かれてしまう」という。

8気筒のユーザー層はほとんど新規ユーザーだと横倉さん。「同じようなクラスの競合車を保有、検討していた方が、初めてベントレーを購入している」と横倉さん。そういったユーザーにとって12気筒は、「(日本に限らず)購入は可能だが、まだ自分のクルマじゃない、自分のクルマとしてしっくり来ないと思うようだ」とその理由を述べる。

年齢層は40代後半から50代中盤と、12気筒の50代半ばから60代前半より若く、8気筒モデル投入によるベントレーユーザーの若返りは成功していると語った。

ベントレー・コンチネンタルGT V8コンバーチブル《撮影 内田俊一》 ベントレー・コンチネンタルGT V8コンバーチブル《撮影 内田俊一》 ベントレー・コンチネンタルGT V8コンバーチブル《撮影 内田俊一》 ベントレー・コンチネンタルGT V8コンバーチブル《撮影 内田俊一》 ベントレー・コンチネンタルGT V8コンバーチブル《撮影 内田俊一》 ベントレー・コンチネンタルGT V8コンバーチブル《撮影 内田俊一》 ベントレー・コンチネンタルGT V8コンバーチブル《撮影 内田俊一》 ベントレー・コンチネンタルGT V8コンバーチブル《撮影 内田俊一》 ベントレー・コンチネンタルGT V8コンバーチブル《撮影 内田俊一》 ベントレー・コンチネンタルGT V8コンバーチブル《撮影 内田俊一》 ベントレー・コンチネンタルGT V8コンバーチブル《撮影 内田俊一》 ベントレー・コンチネンタルGTスピードコンバーチブル《撮影 内田俊一》 ベントレー・コンチネンタルGTスピードコンバーチブル《撮影 内田俊一》 ベントレー・コンチネンタルGTスピードコンバーチブル《撮影 内田俊一》 ベントレー・コンチネンタルGTスピードコンバーチブル《撮影 内田俊一》 ベントレー・コンチネンタルGTスピードコンバーチブル《撮影 内田俊一》 ベントレー・コンチネンタルGTスピードコンバーチブル《撮影 内田俊一》