三菱電機ブースに展示されていた高精度GPS移動計測装置「三菱モービルマッピングシステム(MMS)」搭載車。K320という機種。《撮影 石田真一》

ITS世界会議 東京2013の三菱電機ブースには、GPSアンテナやレーザースキャナー、カメラなど屋根部に多数の機器を設置した高精度GPS移動計測装置「三菱モービルマッピングシステム(MMS)」の搭載車両が展示されている。

MMSはカメラとレーザーによって道路形状や周辺の建物形状を計測し、GPSで獲得した座標を組み合わせることで、高精度な3次元点群データを自動で作成することができる。システムが車両に搭載されており、他のクルマと同様の速度で走行できることから、測定時に交通規制を行う必要がない。

MMSの計測データは公共の測量や、インフラなどの整備、カーナビ地図の基礎データなどに用いられているという。

CEATECでは内容を記したパネルのみを展示していたが、ブースに余裕のあったITS世界会議では実車を持ち込んでの展示となった。MMSで計測したデータの解析を行うソフトを開発するアイサンテクノロジーのブースには、360度の撮影が可能なカメラを備えた別の車両が展示されており、両車の違いも確かめられる。

屋根上にはGPSアンテナやレーザースキャナー、カメラなどを搭載。《撮影 石田真一》 K320の機器コントロールは助手席から行う。コンピューターの筐体は荷室に。《撮影 石田真一》 運転者に向けた高さ制限の注意喚起。《撮影 石田真一》 アイサンテクノロジーのブースにはX320Rという別車種を展示。《撮影 石田真一》 こちらには360度の撮影を可能とするカメラも設置。グーグルストリートビューの撮影でも、ほぼ同じカメラを使っているようだ。《撮影 石田真一》