豊田通商、マレーシアでガラス主原料採掘・精製事業に参画

豊田通商は、マレーシアのシリカサンド採掘・精製会社であるトレンガヌ・シリカ・コンソーシアムに資本参加することで合意した。

豊田通商のシリカサンド取扱い数量は、年間約55万トンで、日本市場向けシェア約5割となっている。今回の事業は、豪州にある既存のシリカサンド採掘・精製会社への出資に続く豪亜地域での参画で、日系企業が同事業に関してマレーシアに進出するのは初めて。

豊田通商は、トレンガヌに20%出資し、日本に加えて、台湾、韓国などの豪亜地区諸国への供給を視野に、既存の取扱い数量と合わせて、豪亜地区で約200万トンの取り扱いを目指す。

シリカサンドは、ガラス・鋳物用鋳型・半導体・壁材など、幅広い分野で使用されている主原料。日本、台湾・韓国・東南アジア諸国で安定的に成長しており、豊田通商は重要な原料をより安定的に供給するため、既存の豪州2社に次ぐ第3のソースをマレーシアで確保する。