マツダ・アクセラ《撮影 内田俊一》

3代目となった新型『アクセラ』は、“強い絆”をキーワードに開発された。

「単なるクルマ、商品としてユーザーに届けるのではなく、ユーザーの人生そのものを豊かにするようなクルマをぜひ提供したいと考えた」とは、新型アクセラ開発担当主査の猿渡健一郎氏の弁。

「ある商品を手に取って所有し、使っていく中で、その商品を作った人の強い想いや、生まれた背景というのが伝わり、いつしか自分にとってかけがえのない愛着のあるものになっている。新型アクセラもユーザーとそういう関係になりたいと、“強い絆”と表現した。オンリーワンの価値を持つことが大事だと思っている」と話す。

そこで猿渡氏は、人間の感覚を大事にし、運転すること自体が心から楽しいと思えるクルマを提供したいと考えたという。「スポーティで格好いいデザインであるとか、意のままに操ることが出来る運動性能、耳に聴こえてくるエンジンの音が心地よかったり。そういった人間の感覚に響くからこそ、運転して楽しいと思えるクルマ、深い絆を持ったクルマが出来るのではないかと思っている」と新型アクセラの開発に対する想いを語った。

マツダ・アクセラ《撮影 内田俊一》 マツダ・アクセラ《撮影 内田俊一》 マツダ・アクセラ《撮影 内田俊一》 マツダ・アクセラ《撮影 内田俊一》 マツダ・アクセラ《撮影 内田俊一》