工場建設に関する調印式を行ったハンコックタイヤと米国テネシー州

韓国のタイヤ製造大手、ハンコックタイヤは10月14日、米国テネシー州に、同社初の米国工場を建設すると発表した。

ハンコックタイヤの米国工場は、テネシー州北部のクラークスビルに建設される予定。同社は8億ドル以上を投資し、最新のタイヤ製造工場を建設する。

この工場は2014年末の完成を目指しており、2016年までにタイヤの生産を開始する計画。工場稼働時には、1800名の雇用が創出される見込み。

ハンコックタイヤによると、テネシー州クラークスビルは、米国に工場を建設するにあたり、理想的な立地条件を満たすという。これは、鉄道、航空、高速道路など、交通のネットワークが充実しているため。

ハンコックタイヤのSeung Hwa Suh副会長は、「新工場は、世界の主要市場に生産拠点を置くという計画を実現するもの」とコメントしている。