本田技術研究所の山本芳春社長《撮影 池原照雄》

ホンダの開発部門である本田技術研究所の山本芳春社長は10月15日、自動運転技術の市販化について 「今は何年モデルというのは控えるが、他社より遅れて出すという気持ちはない。先駆けたい」と述べ、今後数年で搭載車を投入する考えを示した。

同日、東京ビッグサイトで開催されているITS東京2013の会場で一部記者団の質問に答えた。山本社長は自動運転技術について「色々なものがあり(実用化には)段階を踏むことになるが、人や車やバイクなどが行き交う市街地の混合交通のなかに導入するのはまだ難しい。その点(車両だけが走る)高速道路は導入しやすい」と指摘した。

そのうえで具体的には「前車を追随走行する技術などは早期に実現できる」と述べ、高速道路など自動車専用道でのクルーズコントロール応用技術などが最初の実用化技術になるとの考えを示唆した。

自動運転技術については日産自動車が2020年までに複数の技術を市販車に搭載する方針を示しているほか、トヨタ自動車は車車間通信も可能な自動車専用道単一レーンでの自動走行技術を2010年代半ばに実用化する計画を発表している。山本社長は、ホンダもこうした動きに遅れをとらずに対応する意向を表明した。