トヨタブースに掲示されていたショーケース中止のお知らせ。《撮影 石田真一》

現在、関東地方には「10年に一度」という規模といわれるほど強い台風が接近しているが、「ITS世界会議 東京2013」もこの影響を受け、実車を使ったデモンストレーション(ショーケース)が中止となってしまった。

ショーケースは事前予約が必要だったこともあり、突然の中止で若干の混乱もあったようだが、別日への振替予約も進められていた。

「10年に一度」ということで思い出すのが、2004年に名古屋で開催された前回のITS世界会議。このときも「非常に強い」という勢力の台風が関西から中部地方を直撃するルートを取り、会議日程が中止になった。

14日の開会式でも「誰かが台風を連れてくる」というジョークも出たが、台風接近ということになればレインボーブリッジは真っ先に通行規制がなされることもある。すでに日本組織委員会は、16日午前中(13時まで)の展示・カンファレンスの中止を発表しており、トークショーなどの開催についても天候の状況を見て16日朝に改めて発表する旨を発表して

試乗用の車両が雨に濡れる。《撮影 石田真一》 台風襲来前日の段階でもかなりの雨。明日はどうなる?