ランボルギーニ・ミュージアム、グーグルマップで公開

ランボルギーニは、イタリア企業として初めて自社のミュージアム内部をグーグル・マップで公開した。

グーグルの「ストリートビュー」を使うことで、世界中の人が、サンタアガタ・ボロネーゼにある2階建てのミュージアムへバーチャル訪問することが可能となり、1963年設立されたランボルギーニのスーパーカーコレクションを360度パノラマビューで鑑賞できる。

ランボルギーニ・ミュージアムは、2フロア、1500平方mあり、コレクションには『ミウラ』や『クンタッチ』、『ディアブロ』、『ムルシエラゴ』など市販車のほか、特別なプロトタイプ、限定モデル、ワンオフモデル、レーシングカー、船舶用エンジンなどが展示されている。

また、伝説的なV12エンジンの伝動機構やユニークな縮尺モデルもディスプレイしている。

バーチャルツアーでは、全世界20台限定の『レヴェントン』や、ミュージアムでしか見ることができない『エストーケ』、『セスト・エレメント』などの一部モデルは、車内も見ることができる。

ランボルギーニ・ミュージアム、グーグルマップで公開