モータースポーツジャパン・フェスティバルの会場で開催された、新型『ルーテシア ルノー・スポール』の発表会。F1ドライバーのグロージャン選手も登場した。

ルノー・ジャポンは10月14日、新型『ルーテシア ルノー・スポール』を発表、11月14日から販売を開始する。同モデルは、新型『ルーテシア』にルノー・スポールが開発したエンジンを搭載、シャシー性能なども向上させ走行性能を高めた。

ルーテシア ルノー・スポールに搭載される、1.6リットル直噴ターボエンジンは、最高出力200ps、最大トルク240N・mを発生、6速のデュアル・クラッチトランスミッションが組み合わされる。

また、スイッチで車の性格を変化させる「R.S.ドライブ」システムでは、「ノーマル」、「スポーツ」、「レース」の3種類の走行モードが選べ、「スポーツ」「レース」モードには「ローンチコントロール」も用意される。

デザインは、新型ルーテシアに、フロントエアインテークブレード、リアディフューザー、ツインエキゾーストなどのパーツを装着して、F1や高いスポーツ性能を連想させる仕上がりにしたという。

グレードは、日常の使い勝手とスポーツ性能をバランスした「シャシースポール」と、本格スポーツ性能に対応する「シャシーカップ」を用意。価格は「シャシースポール」が299万円、「シャシーカップ」が309万円。

【ルノー ルーテシア 新型】 ルノー・スポール バージョン発表…ローンチコントロール付き 【ルノー ルーテシア 新型】 ルノー・スポール バージョン発表…ローンチコントロール付き 【ルノー ルーテシア 新型】 ルノー・スポール バージョン発表…ローンチコントロール付き 【ルノー ルーテシア 新型】 ルノー・スポール バージョン発表…ローンチコントロール付き 【ルノー ルーテシア 新型】 ルノー・スポール バージョン発表…ローンチコントロール付き 【ルノー ルーテシア 新型】 ルノー・スポール バージョン発表…ローンチコントロール付き 【ルノー ルーテシア 新型】 ルノー・スポール バージョン発表…ローンチコントロール付き 【ルノー ルーテシア 新型】 ルノー・スポール バージョン発表…ローンチコントロール付き 【ルノー ルーテシア 新型】 ルノー・スポール バージョン発表…ローンチコントロール付き 【ルノー ルーテシア 新型】 ルノー・スポール バージョン発表…ローンチコントロール付き