2013年 F1 日本GP《画像 Getty Images》

予選2番手からスタートしたセバスチャン・ベッテル(レッドブル)が、終盤にコース上でオーバーテイクを果たして鈴鹿通算4勝目を飾った。

秋晴れの鈴鹿でスタートを決めたのはロータスのロマン・グロージャンだった。グロージャンは自身初優勝を目指してトップを走る。

タイヤ交換が繰り返されるうちに順位に変動が生じはじめ、グロージャンはウェーバー(レッドブル)に先行を許す。さらにその後方からはフレッシュタイヤに履き替えたベッテルが速いペースで追い上げを開始していた。グロージャンは41周目にベッテルに抜かれ、52周目にはウェーバーにも先行を許してしまった。

結果、優勝はベッテルで、ベルギーGPから5連勝を達成した。2位はウェーバー、3位はグロージャンという結果に。すでに2013年チャンピオンシップに関して事実上の敗北宣言をしているフェラーリのフェルナンド・アロンソは4位でフィニッシュしている。

1 ベッテル(レッドブル) 53周
2 ウェーバー(レッドブル) +7.1秒
3 グロージャン(ロータス) +9.9秒
4 アロンソ(フェラーリ) +45.6秒
5 ライコネン(ロータス) +47.3秒
6 ヒュルケンベルグ(ザウバー) +51.6秒
7 グティエレス(ザウバー) +71.6秒
8 ロズベルグ(メルセデスAMG) +72.0秒
9 バトン(マクラーレン) +80.8秒
10 マッサ(フェラーリ) +89.2秒

11 ディレスタ(フォースインディア) +98.5秒 12
12 ベルニュ(トーロロッソ) +1ラップ
13 リチャルド(トーロロッソ) +1ラップ
14 スーティル(フォースインディア) +1ラップ
15 ペレス(マクラーレン) +1ラップ
16 マルドナド(ウィリアムズ) +1ラップ
17 ボッタス(ウィリアムズ) +1ラップ
18 ピック(ケータハム) +1ラップ
19 チルトン(マルシャ) +1ラップ

リタイア ハミルトン(メルセデスAMG) 7周
リタイア ヴァンデルガルデ(ケータハム) 0周 アクシデント
リタイア ビアンキ(マルシャ) 0周 アクシデント

2013年 F1 日本GP《画像 Getty Images》 2013年 F1 日本GP《画像 Getty Images》 2013年 F1 日本GP《画像 Getty Images》 2013年 F1 日本GP《画像 Getty Images》