トークショーの様子(左から甲斐ラースCEO 、ジェンソン・バトン選手)

マクラーレン東京は、オーナーズ・イベント「An Evening with McLaren」を10月9日にショールームで開催、F1日本グランプリのために来日しているジェンソン・バトン選手がイベントに駆けつけた。

同イベントは、マクラーレン・グループ創立50周年を祝うとともに、マクラーレンのF1日本GPでの活躍を応援するために開催したパーティー。会場では、創立50周年を記念して特別に制作した、創立者ブルース・マクラーレンの思いが込められたムービーが上映された。

続いて、初めてマクラーレン東京ショールームを公式訪問したバトン選手のトークショーを開催。自身も『12C』オーナーであることや、趣味であるトライアスロンの話から、日本に対する思い、F1日本GPにかける意気込みなどを語り、会場を沸かせた。バトン選手は、マクラーレン・ファンとの交流を楽しんだ後、ボルケーノ・レッドの『12C スパイダー』に乗り込み、自らの運転でショールームを後にした。

マクラーレン東京ショールームは、世界35店舗目の正規販売代理店として2012年6月20日にグランドオープンした。店内にはマクラーレン 12Cと12C スパイダーを展示。さらに、12Cに採用しているカーボン製「ローリングシャーシ」や、1989年のF1グランプリでアイルトン・セナがドライブし、コンストラクターズ・タイトルとドライバーズ・タイトルを獲得した「MP4/5」が飾られており、長きにわたりF1に携わってきたマクラーレンのDNAを象徴するディスプレイとなっている。

マクラーレン 12Cスパイダーに乗り込むジェンソン・バトン選手