自動操舵により衝突回避を支援する歩行者対応PCS

トヨタ自動車は10月11日、プリクラッシュブレーキアシストや自動ブレーキに加え、自動操舵により、歩行者との衝突回避を支援する歩行者対応プリクラッシュセーフティシステム(PCS)を開発したと発表した。

トヨタは昨年、歩行者などに衝突する危険を検知すると警報を発してドライバーに回避操作を促し、それでもドライバーが回避操作を行わない場合、プリクラッシュブレーキアシスト、自動ブレーキにより、衝突回避を支援する歩行者対応PCSを開発し、レクサス『LS』に採用した。

今回新開発したPCSは、自動ブレーキだけでは止まりきれない速度や飛び出し事故に対応するもので、前方監視センサーで検出した歩行者の動きから、自車との衝突可能性を予測。歩行者に衝突する危険性を検知した場合、メーター上の光インジケーターにより、ドライバーに注意喚起を促す。

それでも、歩行者に衝突する可能性が高まった場合、警報とディスプレイ表示でドライバーに回避操作を促すとともに、プリクラッシュブレーキアシスト、自動ブレーキが作動する。さらにブレーキだけでは衝突回避できないと判断した場合、回避スペースがあれば自動操舵が作動し、歩行者との衝突回避を支援する。

トヨタは、2015年を目標に普及価格帯の歩行者対応PCSを導入し、幅広い車種に採用するとともに、それに続き、今回新開発した自動操舵により衝突回避を支援する次世代型歩行者対応PCSも市場導入する予定。

自動操舵により衝突回避を支援する歩行者対応PCS 自動操舵により衝突回避を支援する歩行者対応PCS 自動操舵により衝突回避を支援する歩行者対応PCS 自動操舵により衝突回避を支援する歩行者対応PCS 自動操舵により衝突回避を支援する歩行者対応PCS 自動操舵により衝突回避を支援する歩行者対応PCS 自動操舵により衝突回避を支援する歩行者対応PCS 自動操舵により衝突回避を支援する歩行者対応PCS