AHDAによる追従走行

トヨタ自動車は10月11日、自動運転技術を利用した、高速道路など自動車専用道路における次世代の高度運転支援システム「オートメイテッド ハイウェイ ドライビング アシスト(AHDA)」を開発したと発表した。

AHDAは、先行車両と無線通信しながら追従走行する「通信利用レーダークルーズコントロール」と全車速域で道路の白線などをセンサーで検出し、あらかじめ算出された最適なラインを走行するよう操舵を支援する「レーントレースコントロール」との連携により、安全運転の支援や運転負荷の軽減を行う。

トヨタは、ドライバーの意思を尊重し、クルマを操る楽しみを損なうことなく、安全・安心な移動手段を提供するため、高度運転支援システムの早期実用化を目指す。今回新開発したAHDAは、2010年代半ばを目標に、商品化する予定。

なお、10月14日から18日まで開催の「第20回 ITS世界会議 東京2013」にAHDAを出展するとともに、10月15日から首都高速道路で公道デモを実施する。

また、トヨタは、今年1月に米国ネバダ州で開催された「2013 International CES」に出展した実験車などを活用し、自動運転の研究を通して得られた先端要素技術や知見を利用することで、次世代の高度運転支援システムの早期実用化を推進していく。

自動運転技術の実験車 自動運転技術の実験車 自動運転技術の実験車 自動運転技術の実験車 自動運転技術の実験車 高速道路における高度運転支援システム 高速道路における高度運転支援システム 高速道路における高度運転支援システム 高速道路における高度運転支援システム