8日午前3時20分ごろ、大阪府池田市内の中国自動車道下り線で、渋滞中の車列に対して大型トラックが突っ込み、車両3台が関係する多重衝突に発展した。追突被害を受けた2台に乗っていた3人が軽傷を負っている。

大阪府警・高速隊によると、現場は池田市住吉2丁目付近で片側2車線の直線区間。事故当時は工事規制による渋滞が発生。車列が形成されていたが、後ろから進行してきた大型トラックが追突。他の大型トラック2台を巻き込む多重衝突に発展した。

この事故で3台のトラックは中破。被追突側の2台に乗っていた3人が頚部打撲などの軽傷を負った。警察は最初に追突したトラックを運転していた36歳の男性から自動車運転過失傷害容疑で事情を聞いている。

警察では追突側トラックの前方不注視が事故につながったものとみて、事故発生の経緯を詳しく調べている。