トヨタ FCV試作モデル《撮影 池原照雄》

トヨタ自動車は2015年の市販をめざして開発中の燃料電池車(FCV)を、東京で開いた先進技術取材会で試乗公開した。燃料電池スタックの出力等は明らかにしていないものの、水素タンクを含む基幹システムは市販予定車と同じスペックという。

特設の試乗会場は、直線コースで80m程度と狭隘だったが、モーターによるパワフルな加速性能と静粛性は十分確認できた。開発を担当している製品企画本部の野正斉主幹によると、サスペンションやアンダーボディーは専用設計による最終仕様という。

ただ、外観はカムフラージュしているものの「市販車はこれとは全く異なるデザインになる」そうだ。東京モーターショーへの参考出品で、ほぼ最終仕様のデザインを提示する予定。2011年の東京モーターショーに出品したコンセプトモデルとも異なるものになるという。また、小木曽聡常務役員はコストについて「FCシステムは500万円を切るところをめざしている。オフィシャルには車両としては1000万円を切るレベルと言っているが、これも(実現は)結構大変なレベル」と話した。

トヨタ FCV試作モデル《撮影 池原照雄》 トヨタ FCV試作モデル トヨタ FCV試作モデル トヨタ FCV試作モデル トヨタ FCV試作モデル トヨタ FCV試作モデル トヨタ FCV試作モデル トヨタ FCV試作モデル