BMW 4シリーズ クーペ(フランクフルトモーターショー13)(参考画像)

ドイツの高級車メーカー、BMWが2013年9月、フランクフルトモーターショー13でワールドプレミアした『4シリーズクーペ』。同車に、ハイブリッドが加わることが確定した。

これは10月9日、ロサンゼルスモーターショーの主催団体が明らかにしたもの。「BMWが11月20日に開幕するロサンゼルスモーターショー13において、『4シリーズ ハイブリッド』を初公開する」と発表している。

現時点では、4シリーズ ハイブリッドの詳細は公表されていない。ただし、ハイブリッドシステムは、『3シリーズ』のハイブリッド、『アクティブハイブリッド3』と共通になるようだ。

アクティブハイブリッド3は、直噴3.0リットル直列6気筒ガソリンターボ(最大出力306ps、最大トルク40.8kgm)に、モーター(最大出力54ps、最大トルク21.4kgm)の組み合わせたハイブリッドシステムを搭載。トランスミッションは8速AT。

なお、4シリーズクーペには間もなく、オープン版の『4シリーズ カブリオレ』が設定されるもよう。ハイブリッドとともに、バリエーションの拡大が図られる。