実験車・ITSアウトランダー

三菱自動車は、10月14日から18日まで、東京国際フォーラムおよび東京ビッグサイトで開催される「第20回ITS世界会議東京2013」に、出展する。

三菱自動車は、スマートフォンやICT(情報通信技術)を活用した電気自動車の利用シーンのデモンストレーションや、次世代先進安全技術のパネル展示など、ITSへの取り組みの一端を紹介する。

このほか、「高度運転支援・自動運転共同デモ」体験試乗車として、昨年ユーロNCAPアドバンスド賞を受賞した「衝突被害軽減ブレーキ(FCM)」搭載の『アウトランダー』を提供する。

また「通信利用型先進安全自動車ASV-5・次世代安全運転支援システムDSSSの体験試乗」には新規開発した実験車『ITSアウトランダー』を提供。DSSSを搭載するITSアウトランダーは、周辺車両や歩行者の位置・速度情報、信号情報などの道路情報を受信することで、交差点事故や歩行者事故の防止、安全でスムーズに交差点を走行できるように、ドライバーに情報を提供する。