ヴァレオ・全自動駐車システム「Valet Park4U」

ヴァレオは、10月14日から18日まで東京ビッグサイトで開催される「第20回ITS世界会議東京2013」に出展する独イベオ・オートモーティブシステムズのブースにおいてレーザースキャナー技術を展示する。

ヴァレオはレーザースキャナー技術の開発とライセンスに関して、2010年末にイベオと合意。両社は、レーザースキャナー技術を利用した製品を共同で定義・企画・開発し、ヴァレオは自動車用のレーザースキャナーを生産・販売する。

ITS世界会議東京2013では、レーザースキャナーシステムを搭載したデモカーを初めて展示するほか、同システムを使った全自動駐車システム「Valet Park4U」のデモ走行をビデオで紹介する。

レーザースキャナーは、道路上の対象物を検知し、車やトラック、バイク、歩行者など動いている対象物や、壁面や駐車している車など静止している対象物の種類を判別。昼夜を問わず同等の性能を発揮し、高速走行や駐車場などでの低速走行にも対応する。緊急ブレーキシステムと組み合わせることにより、さまざまな状況での安全性を高めることができる。

ヴァレオ・全自動駐車システム「Valet Park4U」