12.1型WXGA投影型静電容量方式タッチパネル搭載TFT液晶モジュール

三菱電機は、産業用カラーTFT液晶モジュール「ダイアファイン」の新製品として、手袋をはめたまま指先で操作できる投影型静電容量方式タッチパネルを搭載した7.0型WVGA/12.1型WXGAのワイドタイプ2機種を10月25日から発売する。

新製品は、独自の検出制御処理技術によって、保護ガラス越しに手袋をつけたまま指先によるピンチイン・ピンチアウト・フリック動作など直感的な操作を実現した。独自の微細配線技術によるセンサー微細化により、高い視認性も確保した。

また、液晶モジュールに加え、タッチパネル・コントロール基板・ドライバーソフトウエアを含めたトータルサポートで提供する。液晶モジュール・タッチパネルセンサー・保護ガラス・コントロール基板の組立一貫生産により高い品質を確保する。屋外などの明るい環境でも、高い視認性を実現するグラスボンディングや保護ガラスへの強化処理、防汚処理などさまざまなオプション加工処理に対応する。

同社では、ワイドフォーマット対応2機種を追加投入することで、幅広い産業機器に適用可能としている。

7.0型WVGA投影型静電容量方式タッチパネル搭載TFT液晶モジュールのサンプル価格が7万円、12.1型WXGA投影型静電容量方式タッチパネル搭載TFT液晶モジュールのサンプル価格が11万円。

7.0型WVGA投影型静電容量方式タッチパネル搭載TFT液晶