ヤマハ発動機、基幹システムをクラウド・サービスに移行

ヤマハ発動機は、日本国内の工場で展開している生産管理などの基幹システム基盤を、2014年1月からNTTコミュニケーションズのクラウドサービスを採用する。

ヤマハ発動機は、日本で所有している全システムを2018年までにクラウドに移行するとともに、世界各地域で運用するICTシステムについても並行してクラウド化を推進する。

クラウドサービスの基盤は、事業継続性、サーバーやネットワークなどを含むトータルのICTコストを考慮してNTTコミュがグローバルに展開するクラウドサービス「Biz ホスティング・エンタプライズ・クラウド」と国際ネットワークサービス「アークスター・ユニバーサル・ワン」を導入する。

ヤマハ発動機グループが世界各国で利用する基幹システムは、サーバー台数700台規模で構成する生産・調達管理システム、製品開発システムや人事・財務等コーポレート系などのシステムを利用している。この多くは現在、東海地方のオンプレミス環境で自社運用している。

東海地震などへの対策強化も必要となっており、地震などの天災リスクが非常に少ない立地の、冗長性の整ったデータセンター内にある、柔軟な拡張性とバックアップ機能をもつ「Biz ホスティング エンタプライズ・クラウド」のクラウド基盤へ移行することで、リスク対策に必要なコストを抑えるともに、事業継続性の向上を図る。

クラウドへの移行で、ヤマハ発動機は、サーバー機器やネットワークの維持費、システム監視費などについて、利用量に応じた変動費とすることで、ICTシステムに関連するコスト削減を図る。

NTTコミュは、ヤマハ発動機のグローバル戦略パートナーとして、アジア、欧州、北米、南米などに所有しているシステムについても、グローバルに展開する「Bizホスティング・エンタプライズ・クラウド」上の仮想サーバー環境へ移行することを支援する。