日産 パトロール

日産自動車と西アフリカのスタリオングループは10月9日、ナイジェリアで車両の共同生産を開始することに合意したと発表した。

今回の発表は、ナイジェリア国内において自動車産業の発展を促進するために策定される新しい自動車産業政策が、同連邦政府により最終承認されることを見越したもの。日産は、新しい法律の制定を受け同国で車両生産を行う、初めてのグローバルな大手自動車メーカーとなる。

両社の覚書への調印により、ナイジェリアでの日産独占販社スタリオンは、ラゴスにある既存工場、VONオートモービル社の生産能力を拡大する予定。

現在、スタリオンは同工場で商用車を生産。同工場の年間生産能力を、各種車両、小型トラック、バンの生産に向け4万5000台まで増強する。生産ラインアップの詳細については後日発表としているが、生産第1号となるモデルは、2014年春に生産開始予定の日産『パトロール』となる見込み。

また同工場では、日産のアライアンスパートナーであるルノー車も生産の可能性があり、将来のビジネスニーズに合わせて活用していく予定だとしている。