世界初披露となる3台のコンセプトカー(イメージ)

三菱自動車は、11月20日から12月1日まで、東京ビッグサイトで開催される第43回東京モーターショー2013に、次世代先進技術「@アース テクノロジー」を採用したSUVコンセプトモデル3台を世界初披露する。

『ミツビシ コンセプト GC-PHEV』は、高出力なPHEVシステムを搭載する次世代ラージSUVのコンセプトカー。SUVらしい力強い走りとクラストップレベルの環境性能を両立する。車両運動統合制御「S-AWC」により、優れた操縦安定性とSUVならではの走破性を実現。また、情報連携サービスを活用した次世代の予防安全技術や運転支援技術を採用している。

『ミツビシ コンセプト XR-PHEV』は、軽量・高効率なPHEVシステムを搭載し、環境性能を飛躍的に高めた次世代コンパクトSUVのコンセプトカー。スペシャリティクーペ感覚のフォルムに相応しい、軽快なフットワークを実現している。

『ミツビシ コンセプト AR』は、ダウンサイジング直噴ターボエンジンをはじめ、最新の低燃費化技術を採用し、SUVの機動性とMPVの居住性を両立した次世代コンパクトMPVのコンセプトカー。乗員を包み込むようなインテリアと多彩なシートアレンジなど、寛ぎの空間を提供する。

ミツビシ コンセプト GC-PHEV(イメージ)