フェラーリ 458スペチアーレ 発表会《撮影 小川 貴裕》

フェラーリ・ジャパンは10月8日、フランクフルトモーターショー13で世界初公開した『458スペチアーレ』を国内で発表した。

ミッドリアには、4497ccのGDIエンジンを搭載。自然吸気8気筒エンジンで出力は9000rpmで605CV、6000rpmで540Nmのトルクを発生する。

エアロダイナミクスに関しては、ダンフォース(CI値)が0.53、CD値は0.35としている。

エクステリアはピニンファリーナとの協力で性能を重視したボディをデザイン。ボディパネルのほとんどは再設計されている。ガラスは薄く、リアにはレキサン樹脂を採用した。

発表会にはスクーデリア・フェラーリ所属の小林可夢偉選手、フェラーリ極東エリアを統括するジュゼッペ・カッターネオ氏らが参加した。

フェラーリ 458スペチアーレ 発表会《撮影 小川 貴裕》 フェラーリ 458スペチアーレ 発表会《撮影 小川 貴裕》 フェラーリ 458スペチアーレ 発表会《撮影 小川 貴裕》 フェラーリ 458スペチアーレ 発表会《撮影 小川 貴裕》 フェラーリ 458スペチアーレ 発表会《撮影 小川 貴裕》 フェラーリ 458スペチアーレ 発表会《撮影 小川 貴裕》 フェラーリ 458スペチアーレ 発表会《撮影 小川 貴裕》 フェラーリ 458スペチアーレ 発表会《撮影 小川 貴裕》 フェラーリ 458スペチアーレ 発表会《撮影 小川 貴裕》 フェラーリ 458スペチアーレ 発表会《撮影 小川 貴裕》 フェラーリ 458スペチアーレ 発表会《撮影 小川 貴裕》