ホンダ展示ブースイメージ

ホンダは、10月14日から18日に東京ビッグサイトで開催される「第20回ITS世界会議 東京2013」に出展、二輪・四輪・汎用製品分野の最新の運転支援技術や情報提供サービス技術の展示などを行う。

ホンダは、クルマが持つ安全技術に加えて、クルマとクルマ、クルマと二輪車、クルマと道路インフラ、クルマと人などをつなぐ通信技術を利用した、相互のコミュニケーションによる安全運転支援技術への取り組みとして、安心・安全でインテリジェントな交通支援システムを展示ブースで紹介。また、四輪車両および二輪車両のシミュレーターによる協調型安全運転支援技術の走行体験など、一般の来場者にも分かりやすい説明や展示を行う。

また、屋外のホンダ展示スペースでは、二輪車・四輪車・電動カート・歩行者が、通信とセンシング技術により相互連携することで、安心・安全で便利なサービスを提供する「協調型自動運転技術」を用いた安全デモンストレーション走行を世界初公開。さらに、駐車支援システムとして、駐車場の監視カメラと連携した低コストな車載システムによる、安全で便利な「自動バレーパーキング」のデモンストレーションも行う。

四輪ドライビングシミュレーター 協調型自動運転イメージ 自動バレーパーキングイメージ