JX日鉱日石エネルギーは、船川事業所で展開している潤滑油事業について、2014年3月末で潤滑油の調合、充填、出荷を停止すると発表した。

同社の潤滑油事業は、他所へ移管する。

同社は、第2次中期経営計画で基本戦略の一つとして、基幹産業である石油精製販売の収益力強化に取り組んでおり、この一環で潤滑油事業の競争力強化のため、潤滑油製造場所の集約化を検討してきた。

今回、総合的に検討した結果、同事業所の潤滑油事業を他所へ移管し、より効率的な潤滑油製造体制を整備することにしたとしている。

同事業所では、潤滑油業務移管後も、国産原油預かり入出荷などの事業を継続する。