トヨタ自動車・ITS世界会議東京 2013に出展

トヨタ自動車は、10月14日から18日まで、東京で開催される「第20回ITS世界会議東京 2013」に出展する。

同会議は、日本の各地域での官民連携による取り組み、メガシティ東京ならではの実証実験の成果などを、「Open ITS to the Next」のテーマのもと、日本の技術力として発信する。

トヨタは、人とクルマと街がつながることで実現されるスマートモビリティ社会において、「協調型ITS」「次世代都市交通システム」「エネルギーマネジメント」「次世代テレマティクス」の4領域での取り組みを紹介する。

協調型ITSでは、同社が実証実験を続ける「右折時衝突防止支援」「右折時歩行者見落とし防止支援」「周辺車両認知支援」などの次世代サービスや、高速道路における車車間通信等を利用した次世代の高度運転支援技術を紹介する。

次世代都市交通システムでは、最適な移動の実現を目指す交通サポートシステム「ハーモ」について、シェアリング車両とともに紹介する。

エネルギーマネジメントでは、低炭素社会システム構築に向けた豊田市実証プロジェクトについて、EDMS(Energy Data Management System)を利用したエネルギー分析や、『プリウスPHV』の優れた環境性能と非常時の電力供給V2H等を映像で紹介する。

次世代テレマティクスでは、車両の位置や走行データなど、トヨタスマートセンターに収集された車両情報を自治体・企業向けサービスとして提供する「ビッグデータ交通情報サービス」やスマートフォン向けサービス「スマートG-BOOK」を紹介する。

ハーモ・ライド