新型 トヨタ イノーバ

トヨタ自動車のインド車両生産・販売会社、トヨタ・キルロスカ・モーター(TKM)は10月5日、新型『イノーバ』を発表した。

イノーバは、トヨタの新興国向けの世界戦略車、「IMV」(イノベーティブインターナショナル・マルチパーパス・ビークル)の中核を担うミニバンとして、2004年に登場。インドをはじめ、東南アジア市場などで販売されている。

その2世代モデルとして誕生したのが、今回インドで発表された新型。イノーバは2012年1月、デリーモーターショー12(デリーオートエキスポ2012)において大幅改良モデルが発表されているが、トヨタ・キルロスカ・モーターは新型を、「オールニュー」と表現している。

新型のエクステリアは、いっそうの逞しさを追求。新デザインのフロントグリルが与えられ、従来よりも存在感を増した。インテリアは、「新たな高級感の定義」がテーマ。ウッド調パネルを多用し、レザーシートも用意することで、高級感を演出する。また、安全装備も充実。

搭載エンジンは、2.5リットル。シートは7名乗りと8名乗りの2種類を設定する。初代イノーバは、インドで43万台以上を売り上げた人気車。トヨタ・キルロスカ・モーターは、「インドで人気ナンバーワンのMPV」と説明している。

新型 トヨタ イノーバ 新型 トヨタ イノーバ 新型 トヨタ イノーバ 新型 トヨタ イノーバ