ウィル・パワー《写真提供:INDYCAR》

インディカーは10月6日、この日ヒューストン市街地コースで行われたダブルヘッダーの2日目のレースで、チーム・ペンスキーのドライバーであるウィル・パワーが勝利し、2位となったスコット・ディクソンがチャンピオンシップでカストロネベスからリードを奪った事を発表した。

ディクソンは第1日目のレースで勝利し、今日の2日目のレースで2位となり、さらにポイントランキングで首位を走っていたエリオ・カストロネベスがギアボックスのトラブルのために後退した為、最終戦のフォンタナでのレースに25ポイントのリードで挑むこととなる。

「もう一つ勝てれば良かったね。しかし方向転換ができて、ポイントの上でも良い週末だった。フォンタナではやはりタフな週末となるだろう。25ポイント…チャンピオンはまだ誰のものになるかわからないね」とディクソンは語った。

ディクソンはフォンタナのレースで5位以上となれば、カストロネベスが優勝したとしても、タイトルを手に入れることができる。

カストロネベスはこの日のレースをポールからスタートしたが、数ラップ後に彼の後方を走るディクソンは無線で「僕はカストロネベスの車からのオイルを浴びている!」と繰り返していた。そしてその数ラップ後にギアボックスから煙が上がり、カストロネベスはコース上にストップしてしまった。

「残念だ…なぜ2つのレースで同じギアボックスの問題を抱えていたのか理解できない。今はどうにもならないね。こうしたことは起こるものだ。良いニュースは、僕達にフォンタナでのテストの機会があるということだ。(最終戦は)きっと凄いレースになるだろう」とカストロネベスは語った。

シェル・アンド・ペンツオイル・グランプリ・オブ・ヒューストン第2日目の結果

1. ウィル・パワー(シボレー)
2. スコット・ディクソン(ホンダ)
3. ジェームズ・ヒンチクリフ(シボレー)
4. ジャスティン・ウィルソン(ホンダ)
5. セバスチャン・ボーデ(シボレー)
6. サイモン・パジェノ(ホンダ)
7. オリオール・セルビア(シボレー)
8. チャーリー・キンボール(ホンダ)
9. マイク・コンウェイ(ホンダ)
10. シモーナ・デ・シルベストロ(シボレー)
11. トリスタン・ヴォーティエ(ホンダ)
12. セバスチャン・サーベドラ(シボレー)
13. ジョセフ・ニューガーデン(ホンダ)
14. 佐藤琢磨(ホンダ)
15. ダリオ・フランキッティ(ホンダ)
16. E.J.ヴィソ(シボレー)
17. ジェームズ・ジェイクス(ホンダ)
18. グラハム・レイホール(ホンダ)
19. ルカ・フィリッピ(ホンダ)
20. マルコ・アンドレッティ(シボレー)
21. ライアン・ハンター=レイ(シボレー)
22. エド・カーペンター(シボレー)
23. エリオ・カストロネベス(シボレー)
24. トニー・カナーン(シボレー)

トロフィーを受け取るウィル・パワー《写真提供:INDYCAR》 ヒューストンのダブルヘッダー2日目の表彰台《写真提供:INDYCAR》 スコット・ディクソン《写真提供:INDYCAR》