米IIHSが実施した新型トヨタ カローラの新スモールオーバーラップテスト

米国IIHS(道路安全保険協会)は10月3日、トヨタ自動車が米国市場向けに投入した新型『カローラ』(日本仕様とは異なる)に関して、「スモールオーバーラップ」と呼ばれる新方式の衝突安全テストの結果を公表した。

IIHSのスモールオーバーラップテストは、フロント部分の運転席側1/4が当たるようにオフセットさせて、固定バリアに64km/hでぶつけるもの。実際の衝突事故に、より近づけるための追加テストだ。車両のメインフレームよりも外側に大きな衝撃がかかるため、厳しい判定を下されるモデルが多い。

新型カローラのスモールオーバーラップテストでは、ダミー人形の頭/首、胸、大腿部への傷害レベルが最小限で、GOOD(優)。ただし、脚への傷害レベルは4段階評価で上から2番目のACCEPTABLE(良)と判定された。

一方、ボディの安全構造に対する評価は、最低のPOOR(不可)。IIHSは新型カローラについて、スモールオーバーラップテスト時、ドアヒンジピラーやインパネが室内側へ大きく入り込み、ドライバーに残された空間が少ない点を問題視している。

これが響いて、新型カローラのスモールオーバーラップテストの結果は、4段階評価で下から2番目のMARGINAL(可)。なお、通常の前面オフセット64km/h、側面50km/h、後方32km/h、追突時のむち打ち確認テストと、横転を想定したルーフ強度テストでは、新型カローラは最高のGOOD(優)と判定されている。

米IIHSが実施した新型トヨタ カローラの新スモールオーバーラップテスト 米IIHSが実施した新型トヨタ カローラの新スモールオーバーラップテスト 米IIHSが実施した新型トヨタ カローラの新スモールオーバーラップテスト